PythonZen & PEP 8 検定試験概要

◆「PythonZen & PEP 8 検定試験」実施の背景
Pythonは人工知能、機械学習、ビッグデータ、ネットワークインフラ(自動運用等)で中心的に使用されています。各分野の成長が著しく、Pythonの求人数は年間1.5倍前後で増えています。Python需要の増加に伴い、Pythonの関連書籍やプログラミングスクールが増える一方、Pythonを知らない人が書いている書籍やPythonZenやPEP 8を知らない講師が、不適切なPython文法を教えてしまうケースが散見されています。このままの状況が続くと、不適切なPython文法を書いてしまうPythonエンジニアが増える可能性があり、Pythonエンジニア育成推進協会はPythonZenやPEP 8を学ぶ意識を市場で高めるべく、PythonZenとPEP 8から出題する「PythonZen & PEP 8 検定試験」を無償で提供することにいたしました。

◆「PythonZen & PEP 8 検定試験」概要
試験名称:PythonZen & PEP 8 検定試験
概要:PythonZen(The Zen of Python)とPEP 8に関する知識を問う試験
受験料金:無料
問題数:20問(すべて選択問題)
合格ライン:正答率70%
試験方式:WBT(インターネットが接続できるブラウザ環境があれば、だれでも受験できます)
出題範囲:PythonZenとPEP 8より出題

◆Pythonの心得「PythonZen(パイソン・ゼン:The Zen of Python)」
Pythonの設計について記述されたイディオム集です。「Zen」は日本語の「禅」から来ています。PythonZenとは、Pythonの禅としてPythonの設計について記述されたイディオム集です。Pythonのインタプリタで、 import this と実行すると英文で内容が表示されます。Pythonを学ぶ際に、是非熟読しておいていただきたいイディオム集です。
PythonZen原文:https://www.python.org/dev/peps/pep-0020/

◆PEP 8(ペップ・エイト)について
標準のコーディング規約としてPEP 8で定義されているものです。
PEP 8原文:https://www.python.org/dev/peps/pep-0008/

◆教育関係の皆様へ
本試験は商用・非商用を問わず、皆様の研修カリキュラムに活用することが可能です。是非ご利用ください。詳しくは利用規約をご覧ください。本試験を研修カリキュラムに活用いただいている企業の研修事例を募集しています。ご協力いただける方はこちらよりお問い合わせください。

現在のみなさんの合計受験回数は 1,653回です。
※2022/07/06(当サイト公開後127日経過時点)

PythonZen(The Zen of Python)とPEP 8に関する知識を問う試験

PythonZen & PEP 8 検定試験

無料で受験できます。
環境によって受験URLが届くのに時間がかかる場合がございます。
10分程度お待ちいただき、届かない場合はスパムフォルダをご確認ください。
それでも届かない場合は、お手数をおかけしますが、再度受験申請をお願いします。

PythonZen & PEP 8 検定試験を受けるには以下の各項目を入力後、「送信する」をクリックして受験用試験のURLをメールで受け取ってください。

※あらかじめ利用規約をご確認ください(Pythonエンジニア育成推進協会のイベントの情報などが年に1回程度届くことがあります)。
※試験のURLと受験の結果の詳細を入力いただいたメールアドレス宛てにのみお送りします。必ず確認可能なメールアドレスを入力してください。

お名前
メールアドレス(受験用のURLをお送りします)

お知らせ

>> お知らせ一覧